コンテンツ

自分が踊る姿なんてもってのほか!と思ってました

201735184257.jpg

私は自分に自信がなく、鏡の中の自分を真正面から見ることができませんでした。自分が踊る姿なんてもってのほか!
…しかし、ある誕生日を迎えた日、このままの自分では『見た目は大人、中身は子ども、その名は…!』になってしまう!!と思い立ち、昔から何となくの憧れがあったフラの門を勇気を振り絞って叩くことにしました。

そこで出会った先生方、先輩方は本当に“大人の女性”ばかりでした。Hula cocoでは、始めて数ヶ月でも有志でイベントに出ることができ、そこで素敵な先生、先輩方の踊りや練習する姿を間近で見て、そして助言まで受けることができるので、大変刺激になります。まだまだ鏡を凝視することはできませんが、どうすれば見ている方の気持ちを明るくさせられるのかを考え始めるようになったのは、大きな一歩と思っています。
特に先生が時々下さる『格言』には、いつも本当に勇気を頂いています。

そして忘れてはならない、もう一つの素敵な出会いは、一緒に始めた同期たちです。様々な生い立ち、業種の方と出会い、一緒に練習し、一緒に舞台に立ち、すでに沢山の思い出ができました。

最近、同期たちで発表会に向けた自主練が始まりました。イベントに向けて夜遅くまで練習したりするのは、文化祭の準備のようで、学生に戻った気がしてとても楽しいです。
彼女たちがいるからこそ、今の楽しさがあるのだと言っても過言ではありません。

まだまだ始めたばかりで、その魅力は底知れず…。踊りなんて全く知らなかった私でも驚くほど楽しめています。同期達で先輩方に近付けるよう切磋琢磨していますので、さらに仲間が増えたら嬉しいです!

飯田 千絵